キャッシングの専門的なな話

MENU

キャッシングで使う身分証とは

あらゆるキャッシングサービスで必要となるのが身分証。審査の際にこれがなくてもよい、というところはまずありません。身分証、と言われて何を出すかはだいたい各自決めていると思いますが、どんな身分証でも即日融資が受けられるわけではないので注意が必要です。身分証のうち、一番確実なものは運転免許証です。住所、本籍がわかり、顔写真もついている。しかも公的機関が発行しているので、理想的な内容なのです。運転免許証があれば、ぜひ使うことをオススメします。免許がない場合、健康保険証かパスポート、と考えている人も多いのですが、健康保険証には顔写真がなく、パスポートは身分証として認めていないところもあり、あまりよい選択とは言えません。両者を身分証として提出することで、キャッシングサービスを受けにくくなることもあります。運転免許証がない場合に提出する身分証としては、市役所などが発行する住基カードがあります。これには顔写真もついているので、効果的な身分証となります。最近ではマイナンバー制度が始まったことで、こうしたカードも受け取りやすくなりました。また、学生なら学生証を提示するのが一番ですね。キャッシングするしない関わらず、身分証は何かあると便利ですよ。

 

今すぐお金を借りたい
http://xn--t8j0gd0a9941bbn8e.tv/

定職にないとキャッシングは難しい?

キャッシングということは、借りたお金を返すためのアテがないといけない、ということでもあります。金融会社は、返済能力のないと思われる人には絶対にキャッシングをさせません。そういう意味では、いま仕事をしていないという人は、ほぼ審査が通りません。例外は専業主婦で、これは夫の収入が見込めるからです。反面、親や子の稼ぎはあまり参考にされません。これは夫婦関係よりも親子関係のほうが、直接的な金銭のやりとりが生じやすいためです。要するに、夫婦だとお金を貸して、ということが言いにくいし、そもそも財布が一緒だから、という解釈もあるわけです。ともかく仕事に就いていることは、キャッシングの審査をする上で極めて重要視されます。仕事は会社勤務が理想です。なおかつ、正社員として3年以上働いていれば、どのような企業でも問題になることはありません。3年というのがポイントで、頻繁に仕事が変わる人という印象を与えないことが大切です。アルバイトや個人事業主でもキャッシングの審査は通りますが、融資される金額はだいたい驚くほど少なく、その返済実績によってキャッシング枠を拡大していく方法が取られることになります。やはり、定職に就いついることが重要なのです。